コンクリート用語集

杉俣コンクリート工業株式会社

076-275-3981

コンクリート用語集

ヤ行

ヤング率,静弾性係数(コンクリートの)(ヤングリツ,セイダンセイケイスウ(コンクリートノ))
一軸静的載荷によって得られた応力-ひずみ曲線において,原点と任意の点とを結ぶ直線の勾配で表される値。コンクリートの場合,強度の 1/3 に相当する応力点と原点とを結ぶ線分の勾配として与えられる割線ヤング係数で示す。
有機不純物(細骨材の)(ユウキフジュンブツ(サイコツザイノ))
モルタル及びコンクリートに用いる細骨材中に含まれる有機不純物。
(ひび割れ)誘発目地(ユウハツメジ)
乾燥収縮,温度応力,その他の原因によって生じるコンクリート部材のひび割れをあらかじめ定めた位置に生じさせる目的で,所定の位置に断面欠損を設けてつくる目地。
養生(ヨウジョウ)
コンクリートに所要の性能を発揮させるため,打込み直後の一定期間,適切な温度と湿度に保つと同時に,有害な作用から保護する行為又は処置。
溶接金網(ヨウセツカナアミ)
コンクリートに埋め込んで,コンクリートを補強するために用いる金網で,格子状に配列した線径 2.6 mm 以上で 16.0 mm以下の鉄線の交点を電気抵抗溶接して製造したもの。
溶融スラグ骨材(ヨウユウスラグコツザイ)
一般廃棄物,下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化したコンクリート用溶融スラグ骨材。細骨材及び粗骨材がある。
呼び強度(ヨビキョウド)
JIS A 5308 に規定するコンクリートの強度の区分。

ラ行

リバウンドハンマ(リバウンドハンマ)
重すい(錘)を衝突させ,重すい(錘)の跳ね返り量を測定することで,コンクリート表面の反発度を読み取る装置。
流下時間(漏斗)(リュウカジカン(ロウト))
フレッシュコンクリート,フレッシュモルタル及びフレッシュペーストの軟らかさ又は流動性を示す指標の一つ。漏斗状容器からの試料の自由流下に要する時間で表す。
粒度(骨材の)(リュウド(コツザイノ))
骨材の大小の粒の分布の状態。
流動化コンクリート(リュウドウカコンクリート)
あらかじめ練り混ぜられたコンクリートに流動化剤を添加し,これをかくはんして流動性を増大させたコンクリート。
流動化剤(リュウドウカザイ)
あらかじめ練り混ぜられたコンクリートに添加し,これをかくはんすることによって,その流動性を増大させることを主たる目的とする混和剤。
流動性(リュウドウセイ)
自重又は外力によってフレッシュコンクリート,フレッシュモルタル及びフレッシュペーストが流動する性能。
リラクセーション(リラクセーション)
材料に力を加えてある一定のひずみを保った場合に,時間とともにその応力が低下していく現象。
レイタンス(レイタンス)
コンクリートの打込み後,ブリーディングに伴い,内部の微細な粒子が浮上し,コンクリート表面に形成するぜい弱な物質の層。
レディーミクストコンクリート (レディームクストコンクリート)
整備されたコンクリート製造設備をもつ工場から,荷卸し時点における品質を指定し購入することができるフレッシュコンクリート
連続繊維補強コンクリート(レンゾクセンイホキョウコンクリート)
連続繊維補強材で補強したコンクリート。
連続繊維補強材(レンゾクセンイホキョウザイ)
炭素繊維,アラミド繊維,ガラス繊維などの連続した繊維に樹脂を含浸・硬化させた複合材料で,棒材,格子状のものなどがある。
連続練りミキサ(レンゾクネリミキサ)
コンクリート用材料の計量,供給及び練混ぜを行う各機械を一体化して,フレッシュコンクリートを連続して製造し,排出する装置。

ワ行

ワーカビリティー(ワーカビリティー)
材料分離を生じることなく,運搬,打込み,締固め,仕上げなどの作業が容易にできる程度を表すフレッシュコンクリートの性質。