ロードスラブ 合成桁床版タイプ施工事例

杉俣コンクリート工業株式会社

076-275-3981

ロードスラブ 合成桁床版タイプ施工事例

RCロードスラブ津幡市内にて架設しています

RCロードスラブ津幡市内にて架設しています

施工現場:津幡市内
発注機関:津端市
規格:2200×100×1000 T−14
施工年:H28年

施工概要
こちらの橋梁は、架け替え工事となっており、もともとはH鋼の上に鉄板を乗せたタイプの橋梁でしたが、経年劣化で今回コンクリート橋梁として架け替えしております。また既存のH鋼はそのまま利用しており、それとプラスしてH鋼を追加した上にロードスラブを架設しております。



現場は管理橋として車道の乗入が不可能となっており、また道路から谷に降りた場所で従来のスラブでは重量が重く、上には電線がありクレーンを高く上げられない現場なのでH鋼をそのまま利用するほうほうをとってあります。

ロードスラブについてお問合せは杉俣コンクリートまで!

ロードスラブの製品概要はこちら

ロードスラブ 合成桁床版タイプ施工例一覧